体重管理

妊娠中の体重管理で悩んでいませんか?

妊娠中はホルモンのバランスや体調の変化で思うように食事がとれなかったり、偏った食事になったりと大変な時期がありますね。そこで気になってくるのが体重管理です。

大半の妊婦さんがこの事で悩んでいるのではないでしょうか?やっと赤ちゃんを授かったのに体重管理が辛い。

摂取量を減らしているのに空気を吸っているだけで体重が増える。

今回はそんな妊婦さんの体重管理についてお話していきます。

体重管理が必要なわけ

そもそもなぜ体重管理が必要なのかを説明しまね。

妊娠中の体重の増加は『妊娠高血圧症候群』や『難産』の原因になる場合があります。または巨大児になったりなど沢山のマイナス面が出てきてしまうのが増加の注意点です。

では体重を増やさなければいいのか?

という訳でもなく、順調に胎児が育たなくては低体重になってしまったり、妊婦さん自体のエネルギーが足りず貧血になってしまったりなど適度な増加が必要になります。

コントロールをしてくださいと産院などで簡単に言われますが体重管理は大変難しいです、

妊娠前には全然太らなかった人が嘘のように・・・なんてこともザラです。
上手に自分らしく体重を向き合っていきましょう。

『妊娠高血圧症候群』とは

体重増加に関わってくるのが妊娠高血圧症候群ですが、それについて少し詳しく説明します。

言うまでもなく妊婦さんしかならない特有の病気で高血圧になるのと蛋白尿を伴ってしまい、合併症などを引き起こす要因を作ってしまう状態です。主な合併症として妊娠糖尿病や肺機能の低下がみられます。

妊娠高血圧症が重症化すると高血圧ですので血管が細くなり血流が弱まります、赤ちゃんはお母さんの血液で生きて呼吸をしていますから胎児が無酸素状態になったり最悪の場合は突然死になってしまうなどの大変リスクの高い病気となります。

なりやすい特徴としては急激な体重の増加が原因ですので緩やかな体重増加を医師と相談しながら心がけるのが理想です。

食事と体操で体重のコントロール

実際にどうやってコントロールをするのが望ましいか、私の体験を交えて紹介していきます。

今までランニングやジム通いなどをしてウエイトを保っていた方も多くいるでしょう、ですが妊娠を気に運動をするのが大丈夫なのか?そもそも大丈夫と言われても怖くてできないなどの悩みも出てくると思います。

そんな中で出産でも役立つストレッチをオススメします。

ウォーキングもオススメですが、直ぐにお腹が張ってしまったり雪や雨で外に出れない日などにオススメです。

ネットで「妊婦 ストレッチ 便秘改善 出産に役立つ」

などで検索をかけると腰周りの筋肉を強化して出産に役立つストレッチがでてきます、また便秘についても後ほど詳しく取り上げますが便秘用のストレッチもあるのでやってみて損はないですよ。

では食事でコントロールですが、まず一番に誰でも口さえあれば直ぐに始められるのが、いつもの3倍は噛むようにすることです。妊娠中は消化に時間が掛かってしまうことと時間が掛かることによって吸収率を上げてしまうので良く噛んで消化を良くすることが大事です。噛むのが苦手な場合はご飯を初めからお粥にしてみたり、具をわざと大きく切って噛まないと飲み込めないようにするなどの工夫もあります。

そして次に塩分です。塩分で浮腫がでて体重が増加してしまっている人も実は多いのです。ですので妊娠前の味付けより半分位の塩分量に控え出汁を中心につかって調理をすることをオススメします。出汁についても市販の出しでも構いませんが市販のには塩分が含まれているため、自家製だしを作って調理すると尚更いいと思います。

便秘解消法

体重管理についてお話してきていますが、並行してそこには便秘が関係していることが大半です。

大きくなった子宮で腸が圧迫されて便秘になってしまうパターンと退治の用水はお母さんの水分からできていますから、妊娠前の倍くらいは水分摂取が必要になってきます。
赤ちゃんに水分を与えているのでもちろんお母さん自身が水分不足になり便通を促したり潤したり水分が不足するのも当たり前ですね。沢山の水分を摂取することをオススメします。

また摂取するのは糖分や塩分などがあまり入っていないお茶やお水が望ましいです。妊婦さんでも飲めるノンカフェインのお茶はたくさんありますので是非ネットなどで検索してみてください。

そして上記にも書きましたが腰周りの運動をして血流を良くし便通を促すということも大変効果的ですので是非やってみてくださいね。

浮腫でなやんでいませんか?

自分で書いていて書ききれないほどマイナートラブルが多い妊婦さん。本当に悩みが尽きないですよね。

次は浮腫について解消法を紹介していきます。
妊娠初期から感じる人もいますが大半は30週を過ぎた妊娠後期に症状がでる人がおおいですね。

簡単なチェックの仕方はスネの骨に沿ってどこでもいいので親指で結構強く指圧してみてください大体1~2秒ほどその状態で指を離し凹んだままになるのが浮腫が結構出ている状態です。

ではなぜむくみが出てしまうのか主な原因をせつめいします。

  • 妊娠高血圧症
  • 塩分過多
  • 血流が悪い
  • 当分塩分の多い水分の取りすぎ

以上が主な原因となります。

解消法はほぼ便秘解消と似ていますが、私は浮腫が結構ひどかったので『コーン茶』というものを摂取していました。

悪までも私の見解ですがとっても効能が良くたすかりました。こちらも塩分を排出してくれるカリウムを多く含んでいて、利尿作用があるためトイレの回数が増えますが大分改善されます。

デトックス効果もあり代謝もよくなりました。

もちろんノンカフェインですので安心して常備水替わりに飲めます。ただアレルギーなどもあると思いますので大丈夫か調べてから摂取してくださいね。

まとめ

簡単に体重管理などについてまとめてみましたがどうでしたでしょうか?

妊娠は嬉しいけどスタイルだって維持したいでもなかなか上手くいかないそう悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

私の主治医はある程度の体重増加なら全然いいよ~好きなものを適量適度に食べてねと言ってくれています。

甘いものを食べると幸せホルモンというものが出てそれが赤ちゃんに伝わるようです。また苦いものを食べたりすると赤ちゃんも眉間に皺をよせ判るようです。

我慢に我慢を重ねストレスを赤ちゃんと一緒に感じるより、適度な量を適切な時に食べる楽しみも凄く必要ですよね。

産後たくさん運動が出来るようになってから、体型リセットを考えてみるのも一つの手です。

折角の幸せな妊娠生活がストレスだけで終わらないように、皆さんが悩んでいることが1日でも早く改善されることを願っています。