妊活体験談

妊娠において一番大切なこと。それは自分の在り方かも

「妊活」。
この言葉を自然と目にするようになったのはいつからでしょうか。
芸能人と呼ばれる人達が子供を授かるまでの経験談を語ることで、妊娠するためにすべきことが公になってきたような気がします。
それでもまだ「妊活しています」と現在進行形でお話してくれる芸能人は少ないです。
それだけ繊細なことですので、一般の私達が「妊活しています」というのはとても壁が高いものだと私は思います。

私が結婚したのは34歳でした。
結婚前から主人と暮らしていましたが、結婚を機に妊娠について真剣に考え始めました。
しかし、自然と妊娠することはありませんでした。
基礎体温を測ってみようと思いました。
ここまではそれほど重くも深くも考えておらず、自分の排卵時期もわかっていなかったので、妊娠しなくても当然だと思っていました。

基礎体温を1ヶ月測って驚きました。
一定の体温を維持していません。

焦りました。
しかし焦ったところですぐには病院には行けません。
婦人科で診てもらうためには最低3ヶ月の基礎体温が必要だと言われています。

焦れば焦るほど体温は乱れます。
3ヶ月の記録を基礎体温表に書いて婦人科を診察しました。

素人目にはわからないのですが、医者の目で見ると基礎体温表は低温期と高温期ときちんと分れているとのことでした。

私の場合ですが、生理が終わった頃に病院へ行ったので、内診をしたらもうすぐ排卵ということがわかりました。
医師と話しながら排卵時期を見つけます。
そしてタイミング法を行いました。

しかし妊娠することはありませんでした。

色々な検査をする中で多嚢胞性卵巣症候群という症状だということを知ります。
排卵はできるのですが卵胞はとても弱く、普通の人より数が多い状態です。

一度妊娠したかもしれないという時がありましたが、その時はあまりにも卵胞の数が多過ぎたため、もし妊娠できたとしても三つ子以上になってしまうと医師から言われました。

現在、三つ子以上は推奨をしていないそうです。

その時は仕方なく生理がくるための治療となりました。

多嚢胞性卵巣症候群にはクロミッドという薬を使います。
私はクロミッドを使うと一層卵胞が増えてしまいました。
次に医師が考えたのがあえて血糖値を下げる薬を飲むということでした。
この治療は長かったです。
長かったうえ身体的に辛かったです。
正常な血糖値を下げるのでいつも気持ち悪く、常に飴やチョコレートを持ち歩いていなければなりませんでした。
だけどその辛い状態と反面して卵胞の数も減り、元気な卵胞も育っていました。

しかしやはり妊娠することはありませんでした。

その他にもホルモン注射を打つ治療もしていました。
排卵はしているのですが、受精したとしてもそれを維持できないのです。
それがとてもわかりやすいのが、私は生理前になると不正出血をすることです。
不正出血自体は特に問題がないのですが、内膜の厚さを維持することができません。
受精したとしてもすぐに内膜が剥がれ落ちてしまいます。

ここで初めて「不妊治療」という言葉を使いますが、私が治療を始めた頃は「不妊治療」という言葉をやっと耳にする程度で、公にもなかなか言いづらく、不妊治療のことを知りたくてもなかなか情報を得ることができませんでした。
そんな環境や、治療による身体的疲れ、妊娠できないことの不安や焦りによる心の疲労感。
心身共に体がボロボロになりました。
看護師さんに泣く泣く電話をし、休むことも大切だと言われ、私はそれきり治療をすることはありませんでした。

ここからが私の書きたいことかもしれません。
子供が欲しいが授からない不安や焦り、子供が居る人との比較、夫婦としての在り方…色々考えました。
子供が居ない人生も考え始めました。

しかし、子供が欲しいと強く思い続けたがために、子供が居ない人生というものをなかなか考えられません。
休日になると幸せそうな家族で溢れ、涙をこぼさずにはいられませんでした。
どんどん人と関わることが嫌になります。
子供が居ない夫婦・家庭であること、子供を産めないこと、自分は欠陥人間だと責めていきます。

不妊治療を休んだことは結果的に不妊治療に幕を閉じたことになりました。

不妊治療が必要なくなったわけではなく、子供の居ない人生を選択したからです。
当然、最初の頃は頭と心は一致しません。
だから一歩ずつです。

夫婦2人でできることをしました。
夫婦2人でなければできないこともあります。

私自身、子供が居てはできないことを自由にしてみました。

自由を感じることはすごく大切で、子供の居ない人生を選ぶためにはとても必要なことだったと感じています。

今でも子供が居たら…と考えてしまうことがあります。
だけど、妊娠において一番大切なことは自分の在り方なのかもしれません。
自分がぶれてしまっては妊活はなかなか続けられません。
それだけとても強い心が必要なものだと私は思います。