高齢出産

35歳以上での妊活を成功させるためには?

高齢妊活とは?

一般的に35歳以上での妊娠・出産は高齢出産と言われ、様々なリスクが考えられます。ですが、最近は女性の社会進出が当たり前になり、仕事を頑張っていたらあっという間に30代だったという方がとても多いです。

35歳以上での妊活では、どのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか。

30代になると下がり続ける妊娠の可能性

自然妊娠の確率は、20代の女性でも25%~30%程度と言われており、そもそもそんなに高いものではありません。30代になると、20%前後に確率は下がり、40代になるとその確率は一桁になります。

高齢妊活を成功させる方法

自然妊娠の可能性が低いからと言って、すぐに悲観したりあきらめたりする必要はありません。まずは、35歳以上になると、妊娠の確率がさがるという事実と向き合い、何ができるかを考えていくことが大切です。

妊活で一番初めにやるべきことは、自分の体のメンテナンスです。不規則な生活や偏った食生活をしていた方は、まずは規則正しい生活と、栄養満点の食生活への転換をしましょう。赤ちゃんを迎えることができる体づくりをすることが何よりも優先することです。また、ストレスも大敵です。

焦る気持ちもあると思いますが、普段はあまり妊娠のことばかり考えないように適度にストレスを発散させることが大切です。心も体もリラックスすることで、赤ちゃんを迎えやすいからだができていきます。

生活習慣を見直したら、自分の体を知ることを始めます。具体的には、婦人体温計で基礎体温を測ったり、婦人科で子宮や卵巣の状態を調べてもらうこともおすすめです。30代を過ぎると、婦人科系の病気のリスクも高まります。健康に妊娠ができる体の状態かどうかを確認しておきましょう。

高齢妊活で不安なことと解決方法

高齢妊活の場合、様々な不安がありますが一番は、本当に妊娠できるかどうかでしょう。通常の夫婦生活を送って、2年間妊娠の兆しがなければ、病院へ行きましょうと言われることが多いようですが、高齢妊活の場合は、妊活を始めた時から不妊専門クリニックに通う方も多くいます。20代の頃と違い、毎月毎月が、高齢妊活では勝負になります。少しでも不安のある方は、早めに産婦人科に相談することもおすすめです。

高齢妊活のメリット

高齢妊活にももちろんメリットがあります。それなりの社会人経験を積んだ30代は、情緒的に落ち着いており、ストレスの発散方法も学んできています。妊娠した場合も、初期は不安定になる方が多いですが、若い方よりも落ち着いて対処することができます。

まとめ

今の日本では、35歳以上での妊活は珍しいことではありません。ですが、生物学的に妊か娠の確率が下がることは間違いありませんので、高齢妊活をする場合は、準備を周到にしておくことが妊娠への早道です。不安もあるかと思いますが、決して不可能ではありませんので、焦らずストレスをためず妊活を楽しみましょう。