妊娠を意識し始めたら。健康と妊娠の関係について知っておこう

妊娠を考えたときに、妊活と同時に始めておきたいことがあります。それは、パパやママになるために健康な体を作ることです。

バランスの取れた食生活や適度な運動、質のよい睡眠など規則正しい生活を送ることで、丈夫な体が作られていきます。

今回は妊活中における、健康と妊娠について気を付けるべきことを説明します。

若いから健康?

赤ちゃんが欲しいなと考える年齢は、人によって異なります。20代の方でも喫煙や飲酒、過度なダイエットなど体に負担のかかることをしていると、若くても健康とは言えません。

赤ちゃんは両親の体から作られます。健康的な卵子と精子が受精することが望ましく、リスクの少ない丈夫で元気な赤ちゃんが生まれてくることが期待できます。

20代での妊娠も、40代での妊娠も健康的な体作りが必要になってきます。
おなかの中で赤ちゃんを育て、生まれてからは育児が始まります。

健康でいるからこそ、笑顔で乗り越えることができます。

健康になるために葉酸を意識して摂取しよう

葉酸のサプリを摂取することも大切ですが、日頃からの食生活も大切にしたいものです。

食事は、和食を中心に野菜や果物も積極的に摂取します。体にたまりがちな毒素や老廃物を排出してくれます。

そして、栄養やビタミンで体を丈夫にしていきます。不要なものは外に出して、必要なものを取り入れていきます。

喫煙や飲酒は、栄養やビタミンの吸収を阻害したり、体の臓器を悪化させてしまうので気を付けなくてはなりません。

毒素がたまると両親がアレルギー体質になりやすく、肌荒れや湿疹の原因になります。鼻水や咳で苦しい思いをしている方は要注意です。

生まれてくる赤ちゃんも、アレルギーを起こしやすくなります。

葉酸サプリを比較して探す際におすすめの方法

サプリを選ぶ際は、葉酸サプリの口コミやランキングを参考にして比較すると、実際に使っている方の意見も分かって参考になります。

沢山の葉酸サプリを比較したサイトがネット上にはあるので、色んなサイトの情報を参考にしながら選びましょう。

体が健康になると

健康的な体は、妊娠した時に流産や胎児の奇形のリスクを減らすことにもつながります。必ずしも効果があるとは限りませんが、異常な遺伝子を持つ精子を減らしたり、子宮内膜を厚くして赤ちゃんを育てる力が大きくなるからです。

特に、高齢出産と言われる35歳以上の妊娠には気を付けたいものです。体調の変化が気になりだす年齢でもあり、少しの心掛けで大きく変わってきます。

睡眠や運動で体力アップ

睡眠をしっかり取って、体を休めることも大切です。適度な運動をして、体力も付けておきます。

ストレスがたまると眠れなくなったり、食生活も乱れてきます。ホルモンバランスが崩れて、妊娠しにくい体になることも考えられます。

夫婦で楽しめるスポーツなど、共通の趣味があると、夫婦仲も深まってきます。

妊活の前に温活?

多くの女性の悩みの種である冷え性も実は不妊へと繋がる事柄です。

妊活の為だけでなく、ライフスタイルの中でも冷え性が改善されるだけで体が楽になるはずです。まずは冷え性を改善する「温活」から始めてみることもおすすめです。

実際に温活とはどのようにするのか決まりやルールなどはありません。

まずは腹巻きを巻いてみる、カフェで冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を頼んでみるといった簡単なことも温活のひとつです。

温活を始めることで、体が楽になるだけでなく基礎体温が上がり妊娠しやすい体を作ることができます。

禁煙に挑戦してみる

妊活初期の頃は、「禁煙をする」のではなく「禁煙に挑戦してみる」ということも大切です。

確かに喫煙習慣は妊活にはご法度とも言われることが多いのですが、禁煙をして体がストレスが感じればホルモンバランスも崩れてしまいます。

禁煙はもちろん体に害があることですが、それだけでなく妊娠を希望している喫煙者に多いのが「子どもを望んでいるのに自分は喫煙をしている」という罪悪感からのストレスです。

まずはそんな罪悪感を打ち消すための行動を起こして見ましょう。

もし禁煙に失敗したとしても、これから始まる妊活のために禁煙に挑戦したという事実が自分の糧となるはずです。

気軽に婦人科に行ってみる

婦人科に行ってしまうと徹底した「妊活」を始めなければいけないと思っている人もいるかもしれません。しかし、妊活のプロフェッショナルは間違いなく婦人科の医師なのです。自分のライフスタイルに合った妊活方法について「治療」ではなく「相談」できることも婦人科のメリットなのです。

まとめ

妊活と一言で言ってもその方法は多岐に渡ります。しかし一番大切なのは、自分の体の不調に気づき改善すること、自分のストレスに気づき改善することへの行動を起こすことです。

「妊活したいけど勇気が出ない」という状況が、実は何よりも自分の体に鞭を打っている可能性があります。自分の体を労ってあげることから妊活を始めることはハードルが下がるだけでなく、これから長期戦になる可能性もある妊活では一番大切なことだということに気づくことが出来るでしょう。